本・贈答用品・お酒販売の他にもいろいろ行っております

本・CD・DVD販売

書籍コーナー  

雑誌・書籍を販売しています。現在は多気ブックス・クリスタル店の方が品ぞろえが豊富になっています。

CD・DVDコーナー 

こちらではCD・DVDを定価の3割引きで販売しています。以前買おうとして買えなかったCDやDVDがあるかもしれません、どうぞご来店をお待ち申し上げます。

贈り物 贈答品 プレゼント

お買い求めはコチラから

天手力男命

天手力男とは








 天手力男命(あめのたぢからをのみこと)は、挿絵にありますように天の岩戸をこじ開けた力持ちです。古事記によれば、天照大御神(あまてらすおおみかみ)は弟の須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴を憂えて天の岩戸にお隠れになりました。なんとか天照大御神に岩屋から出て来ていただきたいと願い、中にいる天照大御神の好奇心を刺激し天照大御神に岩戸に隙間を開けて覗いてもらおうとしたのです。天宇受売命(あめのうずめのみこと)に岩戸の前で踊ってもらい、それを見て大騒ぎしているとほんの少し岩戸が開きました。その機を逃さず天の岩戸を力持ちの天手力男命が開けたのです。  この天手力男命が祀られているのが三重県多気郡の佐那神社で、筆者の生家の近くです。  難解で敬遠されがちな古事記ですが、全文ルビ付きで読みやすく、古事記の一端の理解と興味が深まります。


著者まえがき

私が佐奈小学校四年生の時のことです。授業の合間に担任の川合晋一先生が「古事記ものがたり」を話してくれました。 『この中の天の岩戸ものがたりで活躍した力持ちの神様「天手力男命(あめのたぢからをみこと)」は私達の小学校の隣りにある佐那神社に祀られています。このことは1300年前に書かれた日本で一番古い歴史の本「古事記」に載っております』と教えていただいたのです。
 私は佐那神社から約200メーター離れた場所で生まれ、毎日と言ってよいほど佐那神社では蝉取りやとんぼ取りなどして遊んだ特別の場所であったためでしょうか非常に心に響きました。また丁度同じ年に三船敏郎主演の東宝映画「日本誕生」が出来、当時の大相撲横綱初代 朝汐太郎が「天手力男命(あめのたぢからをのみこと)」の役を演じましたので、佐那神社の隣りにあった佐奈映画館に佐奈小学校全校生徒がその映画を見に行ったことを覚えております。  子どもの時から腕力のあるたくましいこの「天手力男命(あめのたぢからをのみこと)」を心の中で愛しく思い、長い間佐那神社にお参りしてきました。私は高校卒業後の十八歳から県外に出てある企業に勤務しておりましたが四十七歳のとき実家の都合で三重県多気町に戻り多気町に無かった書店を始めました。年齢も重ねてきた今、深く考えてみますと観光ブームである今でさえ、あまりにも佐那神社のことが皆さんに知られていないと気づきました。地元の人でさえ、氏子の人でさえ詳しくご存知ないように思われます。
 私は書店を経営しておりますので、私の店内で佐那神社が載っている「古事記コーナー」を作り古事記の書籍を並べ佐那神社をPRしてきましました。書籍はかなり売れており、その中にはやさしく解読された古事記のものもありますけれども、神様の名前などが沢山でてきて非常に読みにくく理解がむずかしいものです。そこで「小学生でも読めるやさしい本で佐那神社に焦点を合わせた書籍を作りたい」と思い、私なりに作ってみました。できるだけ多くの人に読んでいただき、佐那神社、佐那縣(さなのあがた)を超能力パワースポットとして皆さんに知っていただき愛しんでいただければと思います。特にお子様に読んでいただき、昔の私の少年時代のように心に響く何かがあれば幸いであります。


佐那縣、現在の三重県多気町旧佐奈村地区、には古代より超能力パワーの神々が鎮座されていた。

古事記『天岩戸ものがたり』によると天照大神は、弟である須佐之男命があまりにも悪さをするので天の岩戸にお隠れになった。太陽の神である天照大神が岩戸に入り居なくなると、高天原と地上世界は真っ暗闇になってしまったのです。

 困り果てた神々は相談し、神々が天岩戸前に集まり天宇受売命の舞いに興じて大騒ぎしていると、天照大神が天岩戸を少し開け、その隙間から外の世界をうかがった。そのすきに力持ちの天手力男命が天岩戸をこじ開け、天照大神を岩戸から出させた。

 このように見事に天照大神を岩戸から出させたのが、天手力男命と天宇受売命です。

天手力男命は、天の岩戸をこじ開けた力(パワー)の神様、スポーツの神様

古事記に「天手力男命は佐那縣に坐せり」と書かれている。古来から多気郡多気町仁田の佐那神社に祀られていました。


天宇受売命(あめのうずめのみこと)は日本最古の踊りを踊った芸能の神様

多気郡多気町平谷の須麻漏売神社に祀られていて、明治末期に佐那神社に合祀されている。


曙立王(あけたつのみこ)佐那造(さなのみやっこ)の始祖で超能力占いの神様


古事記にはもう1柱の神様が佐那縣に居られたと書かれています。曙立王(あけたつのみこ)です。第11天皇である垂仁天皇の子どもの声が出ないので、治す方法をの占い、さらに占いの結果を実行して見事にお声が出るようにお助けになられました。天皇は喜び、曙立王を伊勢の品遅部君(ほむぢめのきみ) という名前を与えました。
 また曙立王は佐那縣を取り仕切った豪族である佐那造の始祖とも書かれております。おそらく曙立王が天手力男命と天宇受売命を佐那縣にお祀りされたと思われる。曙立王は佐那造りの子孫によって天手力男命と一緒に佐那神社に祀られました。

 古事記で活躍された、このような神様が佐那神社に祀られています。
 
 お参りして超能力パワーを授かりましょう。